自分に合った場所で薬剤師として働く~薬剤師の転職~

理想の職場探しを見つけるには、自分に合った環境かどうか見抜くためにネットなどで体験談を見たり、自分の出た薬学部の同級生・先輩・後輩に聞く、でもそれは主観の意見を聞くのであって、自分にも該当するかは言いきれません。

これも言いきれない事ですが、マイナビ薬剤師など、転職サイトに登録して自分に合った職場を見つけてもらうのも一つの方法と言えるでしょう。

求人サイトは、コンサルタントが、どういった職場か理解していることがあるので現場の空気を聞ける時も、時にはあるかもしれません。

まず、今働いていて何が不満で、何が満足なのかハッキリさせましょう。

不満点を上げて、聞ける所は聞く、不満がよりなければ良い仕事ができますので、いい場所に就けたと言えます。

薬剤師に限らずですが、積極的に就職活動する、つまり、働きたい場所を見つけるために情報収集の努力を惜しまないことが大切です。

薬剤師が活躍する場は、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社が大雑把に挙げられます。

それぞれのメリット・デメリットを考慮して自分に合うか決めましょう。

一番人気があるのはドラッグストアで、給料も良く、ドラッグストアで働くわけですから、店舗管理から店舗経営まで幅広い業務をしなくてはいけません。

接客から併設の調剤薬局の業務まで、色んな事が経験できます。

採用されやすいのもポイントです。

薬剤師の専門性を時に活かせない業務もあるので、薬剤師とは別のスキルも必要となるのがデメリットです。

第一類医薬品は薬剤師しか扱えない為、シフト業務で休日が少ない事もデメリットです。

調剤薬局でのメリットは、調剤や服薬指導・薬剤管理など、そこそこ薬剤師らしく働けます。

あとは、とんでもない激務ではないため、休みも取れるのはメリットです。

調剤薬局の置かれている位置(病院、医院のそばなど)によって格差があるので、自分に合うかがよく分からないのは選択する上で、デメリットかもしれません。

他にも、一般的なビジネスマナーなどが身に付かないと言われています。

人間関係も狭い職場な為、悪化しやすいのもデメリットです(全てがそうとは言えませんが)

製薬会社は、大きな会社が多いので、福利厚生がしっかりしている、年収が高い傾向にあるのがメリットです。

営業などするので、ビジネスマナーが身につきます。

デメリットは、医者との接待など気苦労が多い事もある、薬剤師として勉強したことが活かせないという事もあり得ます。

大雑把に薬剤師の就職先として4点、メリット・デメリットを上げましたが、他にも医薬品開発機関や、行政機関(保健所や研究所など)学校薬剤師など、多岐に渡ります。

自分に合う仕事内容か、希望する給与か、入ってみないと分からない人間関係はある程度妥協はしなくてはいけませんが、求人サイトのコンサルタントに聞いたりなど、色々な方面から適職を見つけることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>