薬剤師になりたいと子どもが言うんです

子供が薬剤師になろうかと言い出しました。薬剤師と言えばとりあえず資格持ちになるので、ドラッグストアなどでパートの時給が高いことが、結婚後も有利だと思うからということでした。

確かに以前は薬剤師はどこでも高時給での待遇でいいなぁと思ったのですが、最近は人数が多いらしく、あまり時給も良くないですし、以前ほど募集もみません。そして薬剤師になるのには4年ではなく、6年間も大学に行かなければなれないことも、考えてしまう大きな原因です。

子供本人に○○だから絶対に薬剤師になりたい!というしっかりした意思があれば良いのですが、将来主婦になってもパートしやすそう~くらいの軽い気持ちでは6年間も勉強させられません。国公立に行けるだけの頭があればいいのですが、わが子のレベルではどうやら難しい様子、私立大学へ6年間も行かせるなんて、学費のことを考えるだけでため息が出てきてしまいます。そしてたいした目標もなく6年間も大学に行くなんて、子供自身が勉強を続けて行くことが出来るのかというのもとても心配です。

これからいろいろな大学のパンフレットを取り寄せて、費用の負担の少ない自宅から出来るだけ通えるような大学を目指すとか、本当に薬剤師になりたいのか、意思は固いのか、しっかり検討しながらこの夏休みを過ごしてほしいです。春までにはしっかりと進路を決めて勉強しなければならないので、今の時期を大事にしながら頑張ってほしいと思っています。